経済的自由を得るにはいくら必要か?



ブログのテーマの通り、私は経済的独立を目指しています。

会社に雇われて給料を得るのではなく、自力で稼いで生活する。
自分の人生は自分で切り開く。
という気持ちで日々過ごしています。

でも、自分で稼ぐのは
そう簡単に誰でもできることではありません。

もし自分で稼ぐことができなかったら、、
なんて考えたくはありませんが。

もし、稼げないとしたら、
いくらあればリタイアする(経済的に自由を得る)ことができるのか?
念のため調べてみました。

スポンサーリンク




まず、私と妻が90歳まで生きると仮定します。
それまでに必要な生活費を賄えれば稼ぐ必要がない。
つまり経済的自由を得られます。

どれくらいの生活水準で暮らしたいかによって独立できる金額は変わってくるのは、言うまでもありませんが、
年に一回くらいは海外旅行に行くくらいの資金的な余裕がありながら、平凡に暮らすという想定で考えます。

また、自力で稼げなくても、運用して増やすことはできます。
仮に貯金額の5%を増やしていけるとします。
(貯金を切り崩しながら暮らすので、運用額少しずつ下がります)
また年金も月10万円強いただけると仮定します。

以上のことを考慮すると。


経済的独立に必要な貯金額は

40歳 約7500万円
50歳 約6000万円
60歳 約3500万円
65歳 約1700万円
70歳 約1500万円

となります。


これを聞いてどう思いましたか?
多いと思うか、少ないと思うかは人それぞれだと思います。
住宅ローン(家賃)や子供の養育費などを考えたら、
一般的な社会人で40歳までに7500万円、50歳までに6000万円貯めるのは難しいかもしれませんね。

それでも、わたしは会社に雇われず自分で稼ぐことを目標にしているので。
40歳までに7500万円を貯めることを高い目標にしたいと思います。

経済的独立は目標にしていますが、リタイアを目標にしているわけではないので、
自分で働くことは60歳になっても続けるつもりです。

ただ、早めに生きていくうえで必要な金額を得て、
ストレスフリーで人生を楽しむことを目指しています。


↓他の方のブログもとても参考になります↓
にほんブログ村 その他生活ブログ


節約・貯蓄 ブログランキングへ

 ↓↓年収1億円の人と繋がる方法はコチラ↓↓
http://masato3282.seesaa.net/article/438483682.html

スポンサーリンク





この記事へのコメント